次からマスカラに失敗しない。 – makarotteの日記

次からマスカラに失敗しない。 – makarotteの日記

次からマスカラに失敗しない。 – makarotteの日記

こんにちは、まかろんです!
久しぶりにコスメに振り返ります。
今回はおススメのマスカラをご紹介して行きたいと思います。

 

マスカラを塗った時にありがちな事。マスカラをした時に、毛束がダマになりやすかったり、長く見せたいけどイマイチな事などありませんか?

ダマのせいで変な毛束感になったり

長さを出そうとさらに重ねてダマを増やして失敗なんてあるある。

 

基本的なマスカラの使い方

・まつ毛をコームで整える
・ビューラーでまつ毛をあげる
・マスカラ用の下地を使う
・マスカラを塗る
・ホットビューラーで整える

 

まつ毛をコームで整える

 

あらかじめ下準備にまつ毛の流れを整えてあげましょう。

絡んだまつ毛がダマを作ってしまう原因にもなるので毛の流れに沿って優しくブラシします。

 

ビューラーでまつ毛をあげる

 

まつ毛を根本から挟むように持ち上げます。

力を入れすぎないよう、優しく2~3回程挟みます。

 

マスカラ用の下地を使う

 

適量を取り、余分な液を落としてからまつ毛に塗っていきます。

ウォータープルーフなど耐水・防水があるマスカラは、マスカラ下地をスキップしても構いませんが、マスカラ下地はボリューム感や、まつ毛を長く見せる土台を作る他、マスカラとまつ毛の間を保護する事で乾燥や、まつ毛へのダメージを減らすので基本的に使う事をお薦めします。

 

マスカラを塗る

 

塗るタイミングは基本的には「乾いてから」ですが、商品によっては乾く前に塗るマスカラもあるので確認してみましょう。

 

塗り方は余分な液を落としてから目尻→真ん中→目頭(扇状に3つに分けるように意識すれば、スタートが目頭でも問題ないです)

※瞼とまつ毛の生え際を埋めるように軽く左右に塗る方法もありますが、ダマが出来たり、まつ毛同士がくっ付く原因にもなります。

商品によっては左右を推薦している事もあるので、どうしても根本を左右に動かしたい場合はつけすぎに気を付けましょう。

 

覚えておきたいマスカラの違い。

繊維入りマスカラ=繊維がまつ毛を長くさせる他、毛束感が作れる。パッチリ向き。

繊維なしマスカラ=地まつ毛を伸ばしたような自然な仕上がりになる。ナチュラル向き。

 

ホットビューラーで整える

 

必須ではないのでホットビューラーがあれば仕上げに使います。

カールを長時間キープする以外にダマをなくしたり、毛の絡みや流れを整える事が出来るので綺麗に仕上がります。

 

 

おすすめマスカラ下地

 

マスカラ下地に多い悩み「白くなる事。」

こちらは白浮きしないクリアブラック。一日中カールが長持ちします。

 

 

マスカラ下地、マスカラ、トップコートにもなる3つの機能を1本

 

 

下地からマスカラトップコートまで3つの機能を1本で完成

1本1本綺麗に密着するコームが自然な仕上がりになります。

どちらかと言うと、ナチュラ寄りな感じです。

 

おすすめマスカラ

 

 

 

爆盛りといえば「メイベリン

カール持続はもちろん、ウォータープルーフで夜までパンダ目にならない。

根本から密着し、毛先までしっかり持ち上げるストレッチファイバー

 

 

↓美容誌等ベストコスメ総受賞23冠!デジャヴュ

 

 

 

 

 

 

「塗るつけまつげ」19年連続No.1

塗るつけまつげ発売から今でも人気を誇るロングセラー商品。

皮脂、汗、涙をはじきパンダ目になりにくく、お湯で簡単にオフ出来るまつ毛に優しいファイバー配合フィルム液タイプ

 

 

韓国で大人気のコスメ「ETUDE」

 

 

カールフィックスのパッケージが新しくなりました。

ウォータープルーフ処方ブラシがスリムになったのでセパレートしやすくダマにもなりにくい。24時間カール持続も夢じゃない上向きまつ毛が作れます。

 

持っていて良し! おすすめホットビューラー

 

↓初心者にも使いやすいビューラータイプ。

USB type-C 充電式で1回の充電で約60回使用できる400mAh大容量バッテリー。

2段階温度調節が可能。

 

 

↓使いやすいスティック型タイプ

とても見やすいLED画面に温度表示がついてわかりやすい。

4段階の温度調節も出来て柔らかいまつ毛~ハードなまつ毛まで幅広く使えます。

 

 

おわりに

マスカラ選びで失敗する例の一つは盛れなかった事や、ボリューム感がないなどの声を聴きます。
マスカラを選ぶ際は、マスカラが繊維入りか繊維なし(ファイバーと書かれている事が多い)をよく見ると良いでしょう。

好きなマスカラだけど、頑固で落ちない!そんな時はマスカラリムーバーで落とす方法もあるので諦める前に使ってみるといいかもしれません。

 

 

 

 

 

リムーバーもお手頃なお値段なのでいいですね!
最後までお読み頂きありがとうございました。
またレポートします!

続きを見る

コスメカテゴリの最新記事