新型コロナワクチンを217回摂取した男 – 闇医者Blog

新型コロナワクチンを217回摂取した男 – 闇医者Blog

新型コロナワクチンを217回摂取した男 – 闇医者Blog

2024年3月4日に衝撃的な論文が世界に発信されました。

「Adaptive immune responses are larger and functionally preserved in a hypervaccinated individual. Lancet Infect Dis. 2024 Mar 4:S1473-3099(24)00134-8」

ドイツのマクデブルグ在住の62歳男性が、意図的かつ個人的理由により、29ヶ月間で新型コロナウイルスに対して217のワクチン接種を受けました。

ワクチンの高頻度反復摂取の症例は倫理的観点から存在しないため、その利点・限界・リスクの評価のために、男性の自発的な協力で研究が始まりました。

ちなみに、この男性は詐欺容疑で捜査されましたが、刑事告訴はされませんでした。

※絶対、自発的ではないでしょうww

 

比較対象は、mRNAワクチンを計3回受けている29人(Control群)でした。

新型コロナウイルスに対する「抗体数」や「反応の程度」、「副作用の程度」を評価しています。

内容はかなり専門的なので割愛しますが、誤解を恐れずに要約すると、「ワクチンの高頻度反復摂取は有害事象を起こさず、ウイルスの抗体数や免疫細胞は、一般的な摂取回数のControl群に比べて増加していました。しかしながら、本質的に利益となる効果はありませんでした」

注:ワクチンの反復摂取は推奨されていません。

 

びっくりですね。

217回ワクチンを打っても何もなかったようです。

利益とかの前に、害がなかったことが注目すべき点ですね。

ワクチン接種をあまりに何度も繰り返すと免疫細胞が抗原に慣れてしまい、免疫機能が低下してしまうという声も上がっている中で、この結果です。

 

最後にこの男性には「ギネス記録、おめでとう」とだけ伝えておきましょう。

 

ご意見、ご感想や間違いのご指摘をお待ちしております。

おしまい。

続きを見る

美容カテゴリの最新記事